柱やルーバーなどを意匠的に設けて、防犯性も兼ねたデザインが特徴の外観デザイン。

白を基調にしてたデザインテーマはずばり、シンプルイズベスト。

厚みのある凹凸感が特徴の外壁サイディングを使用。玄関アプローチを重厚感あるデザインにするため、一般的にはあまり使用しない意匠性のあるデザインを採用した。

玄関ホールは床も壁も天井も白で統一し、明るく清潔感のある雰囲気に。スケルトン階段の踏み場には間接照明を施し、夜の足元に明かりを照らす安全性を備えた。

玄関横にはぐるっと回遊できる大容量のシューズクロークを設けた。明かり窓からの光も入り、換気も考慮した空間に仕上げた。収納スペースだからこそ、清潔感と解放感を持たせることを重視した

玄関横の吹抜けの中庭空間を2階から見下ろした光景。植物の鑑賞空間としても十分癒されるが、室内に心地よい自然光を取り入れる空間としても重宝される。

高級感あふれる水晶天板を使用したオーダーキッチンとカップボードが目を惹く。機能性はもちろんのこと【見て、楽しむ】をテーマにデザインしたキッチン空間。天井の緩やかな勾配が空間のアクセントに。

キッチン横の壁は全て本物の石張りにこだわった。上質な素材を追求しきった内装デザイン

季節ごとに、どんな植栽を置くか、これからが楽しみな中庭空間。

シャンデリアを設置したくぼみ天井部分のクロスは、カーテンデザインに合わせた柔和な華やかさを感じるものをセレクト。

ダイニングテーブルとリビングのセンターテーブルは同一デザインに揃えたオーダーもの。ワイヤーを用いた模様で汚れを目立たせないガラス製の天板が特徴。

和室の造作襖は、仕切りがありながらも、明るさとリビングとの繋がりを感じさせるために。従来窓側に使用する雪見障子をあえてデザインに取り入れた。

品格あふれる佇まいが印象的なリビング横の和室。料亭の個室のような雰囲気を醸し出さす空間に心が和む。エアコンの通気性を考慮した床の間の意匠的なアールの仕切り。

木を貼り合わせてうろこの浪打をイメージして造られた和室内の意匠壁は、職人の技術が光る。玉砂利の演出は、デザイン性にプラス調湿作用とウィルス対策を兼ねたもの。春は桜色、夏は涼しげなブルーなど、季節ごとに玉砂利の色を変えることで3か月に一度のメンテナンスにもなり一石二鳥の優れもの